読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての海外アウェー

この試合(http://nagoya-grampus.jp/game/2012/0501afc20125vs.php)を見に韓国まで行ってきたのでまとめる。

航空券

航空券はアシアナ航空で往復4万円(燃料費・サーチャージ込)。
結局どうやったら航空券を安く買えるかわからなかったので、楽天トラベルで2月末に「〜日まで◯◯円!」みたいなやつを買ったのだけど、
実はもっと安くする方法はあるかもしれない(どなたか教えて下さい)とか書きながら、
「楽天トラベル使わない」みたいな方法はあったかなーとか思った。

宿

泊まったのはここ
ラマダソウルホテル【江南・三成・COEX】 ラマダソウルホテル 【楽天トラベル】
宿も楽天トラベルで予約した。国内ホテルと同じ感覚でホテルが予約できるのは便利。
予約後に英語のクーポンを出してくれるので、チェックイン時にそれを見せるだけで手続きしてくれるので楽。
韓国の物価が安いからなのか、ホテルは日本よりも安い印象だった。ビジネスホテルみたいに狭い部屋じゃなくてシティホテルみたいに広い部屋だったけど、一人一泊6000円くらいだったので満足だし、フロントのスタッフもこちらが日本人だとわかると日本語で会話してくれるので楽だった。
ちょっとミスだったのは、試合会場へのアクセスが楽だろうなと思って江南地区のホテルを予約してしまったこと。あとで詳しく書くけど、ソウルの代表的な観光地みたいなとこからの距離が遠かったので移動が結構大変だった。今後、城南一和戦見に行ってついでに観光もって人はソウル中心部のホテルを予約するといいと思う。

交通

滞在中は地下鉄しか使わなかった。路線がたくさんあって、ソウル市内だけでなく試合会場の炭川スポーツコンプレックスの最寄り駅である野塔駅へも地下鉄で移動できてしかも安い(初乗りで80円くらい。ちょっと遠くても100円くらい)。お金を入れても切符がでてこなかったとか、改札間違えると乗りたい方向の電車に乗れないとか、結構イライラすることが多かった。あとどうでもいいけどちょいちょい物売りのおじさんが電車に乗り込んできて、大声で何か売ってるみたいな光景に出くわした。
地下鉄については経路検索もできるのでここが便利 → 地下鉄路線図 | 韓国地図コネスト

物価

とにかく安い。ホテルにしても地下鉄にしても結構驚く値段だったけど、一番驚いたのは試合のチケットの価格。一人10000ウォンだったので日本円に換算すると大体800円くらい。瑞穂のサポーターズシートの小中学生向け価格と同じくらいだ。その他にも、ロッテリア行ってセットメニュー頼んで二人あわせて10000ウォンだとか、デパートで安いマッコリを買ったら1200ウォン(日本円でだいたい100円くらい)とかで、滞在中はそんなにお金減らなかった。

試合

試合のレビューは割愛する(どうせみんな書いてるだろうし)。城南一和のホームスタジアムは「炭川スポーツコンプレックス」というところで、瑞穂陸上競技場みたいな感じ。最寄り駅は「野塔駅」で、ソウルの江南地区から30分くらいで、駅を出てから歩いて10分程度の場所。名古屋サポーターに対して片方のゴール裏を全部開放してくれていた。スタンドからピッチまでの距離はちょっと遠いけどトラックあるしこんなものかなーという印象。駅の近くにレストランとかファーストフード店はいっぱいあったけど、スタ飯的なものはなくてちょっと残念だった。
城南サポーターは最初全然いなくて(日本のようにゴール裏にみんな集まると思ってた)、そもそも観客もまばらって感じだったけど、試合開始10分前くらいになったら急に集まりだして驚いた。城南サポーターは、日本みたいに大体一箇所に集まって同じ応援をする、というスタイルではなくてスタジアム各所にまばらにサポーターグループが点在してて、それぞれがそれぞれ好きなスタイルで応援していた。あの人達日本にくると驚くんだろうなあ。
試合終了後の会場の撤収のスピードは半端無かった。30分以内にピッチ上のスポンサーの看板は撤去され、名古屋サポーターが片付けをしてる中、いきなり照明も落とされた。当然城南サポーターはいなくなってた。

まとめ

ソウル近郊で行われる試合を見に行くならソウル市内に宿をとって観光と試合を楽しむのがいいと思う。そして観光込なら、宿はソウルの中心部にとったほうがいい。あと、お金は確かにかかるんだけど、海外アウェーは行けるなら絶対に行ったほうがいいと思う。今回は引き分けだったけど試合自体はなんだかんだで楽しかった。